世界にひとつの結婚指輪

結婚指輪に関する情報が満載!

結婚指輪の刻印メッセージ例

結婚指輪の刻印メッセージ例 結婚指輪の購入と同時に考えるべきことは、【刻印】の文字やメッセージです。デザインにもよりますが、いれられる文字数は5文字から20文字程度で、カップルの90%以上が入れています。
では、「どんな文字やメッセージを入れているのでしょうか?
一番の定番は【日付】や【イニシャル】です。日付では婚姻届の提出日や挙式日が主流ですが、出会った日や初デートの日、またはプロポーズの日など、ふたりの記念日が幅広く選ばれています。
例えば、結婚記念日の2020年11月14日ならば「2020.11.14」、「Nov.14,2020」や「11/14/2020」があります。その他「14 Nov.2020」や「14/11/2020」などです。
イニシャルの場合は「男性(女性)の名前to女性(男性)の名前」や「From名前」などで、日付とイニシャルを合わせることもできます。
その他のアイディアとしては【世界の言葉で「愛している」を文字で入れる】カップルもいます。例えば英語で「I love you」やフランス語で「Je t’aime」といった具合です。
その他【短めな英文や長めの英文】もふたりらしさが光ります。
このように結婚指輪に刻印する文字にはいろんな選択肢があり、2人の思い出や願いを言葉や文字で残すことができます。

男女別の結婚指輪を選び方と抑えておくべきポイント

男女別の結婚指輪を選び方と抑えておくべきポイント 結婚指輪は夫婦となった男女がつけますが、デザインなどしっかりポイントを抑えて選ぶ事が必要です。夫婦そろって同じ物を購入するのではなく、選び方としてポイントを抑えてデザインなども決める事が大切です。
結婚指輪で女性が選ぶ際は、まずはおしゃれとして使用することを想定するようにします。他の指輪と合わせた重ねづけなども考慮して、デザインなどを工夫する方法があります。金属アレルギーといった肌への配慮のほかに、自分自身に似合う幅やフォルムを決めることも重要です。
男性の場合は女性の意見に流されず、自分が良いと感じるデザインを主張することもポイントになります。仕事の際も使用することも想定して、デザインのシンプルさだけでなく強度面も考慮して選ぶようにします。
また普段から指輪をつける事がないので、付けてみて違和感を感じないつけ心地もしっかりチェックして選ぶようにします。
これらのポイントを抑えつつ、お互いの意見をすり合わせて選ぶとよりより結婚指輪を購入する事につながります。


Copyright © 2022 世界にひとつの結婚指輪 all rights reserved.